ワキガって自分ではわからない?

MENU

自分で気づくことは無理?

もちろん自分がワキガであることを自覚している方もいますが、
多くは臭っても汗臭い程度だと思い込んでいるため自分のニオイの程度をわかっていません。
人間の特性として、常に同じニオイを数分間嗅ぎ続けることによって嗅覚はだんだん疲れてしまいます。
そのうちに、いくら強いニオイであっても慣れてしまって感覚が麻痺してしまうのです。

例えば、トワレを日常的に使っていると少しずつ香りに慣れてしまって、物足りなさを感じる場合があります。
つい、いつも以上にトワレを体に吹き付けてしまい香りが強すぎて周囲を困惑させてしまうケースと同じです。

また、周囲の他人がワキガに気づいたとしても指摘されにくいということもワキガに気づかない理由の一つでもあります。

一方で、寝食を共にする家族はワキガのニオイに気づかない場合が多いと聞きます。
ワキガは遺伝的な要素が強いため、同じ体臭を持つ家族間では気づきにくいのでしょう。
なぜなら、他人の家は玄関からその家が持つニオイがしますが、住人である本人は自分の家のニオイに改めて気づくことはありません。
それと同じ原理で、体臭は人それぞれ違いますので他人のワキガには気がつくのです。


彼女がワキガの場合

ワキガや体臭は強いニオイであっても常にさらされている場合は嗅覚が慣れてしまっているため本人の自覚症状が乏しい場合が多く、
特に女性の場合はデリケートな問題なので気づかせ方には細心の注意が必要です。
彼女の家族に相談することができればベストですが、まだ彼女の家族を紹介してもらっていないなど諸事情によって難しい場合もあります。

また、家族にそれとなく伝えてもらおうと相談できたとしても、基本的に同じ体臭を持っているため、理解されにくいという場合も考えられます。
一般的に女性は、いきなり事実を告げられこうした方がいいとアドバイスされるよりも、自分の置かれている状況に共感して気持ちに寄り添ってくれる人に信頼を置きます。

まず彼女に対して正直に事実を伝え、彼女の反応がどうであれ時間を掛けて受け入れてあげることが大切です。
事実を伝える際には第一に自分は彼女の味方であり、彼女に対する感情が変わったわけでないという気持ちを理解してもらうように努めます。
女性にアドバイスや正論を伝えるのは、彼女の気持ちが落ち着いて物事を冷静に判断できるようになった時に、
具体的に今後どうするかなど相談し合った方がいいでしょう。